ドローンのビジネス活用【インフラ点検】

インフラ点検へのドローン活用への時流1
発電設備点検保守人員の減少

発電設備保守・点検人員である電気主任技術者は高齢化が進み、過半数が50代以上という状況になっています。
また、点検人員自体も減少傾向にあります。

インフラ点検へのドローン活用への時流2
太陽光パネルのメンテナンス義務化

2017年4月に再生可能エネルギー特別措置法改正されました。その際にO&M(メンテナンス)が義務化され、これまで以上に太陽光パネルの点検の需要は拡大しています。

ドローン導入のメリットー費用、工数が格段に少なく済む

ある事例では、12人日掛かっていた点検が、ドローンを導入したことによって4人日まで削減されました。

設備の不具合も、産業用の普及と共に増加傾向にあり、
保守点検人員の不足はより一層顕著になることが予想されます。
ドローンによる発電設備点検のビジネスは、今後ますます拡大するはずです。
ビジネスには、画像処理技術とドローンの知識、両方を合わせ持った人材が必須です!

Droneテンケン.comの産業ドローンスクールなら、
需要が高まるGIS×ドローンのビジネスに直結するスキルが学べます!

特徴1業界初!GIS×ドローンスクール

ビジネスに必要なソフトウェアの知識+操縦の技術と、両方を学べるのは当スクールだけ!

特徴2選べる5つのコース

基礎から実地技術まで、ビジネスプランに応じて選べます。
コース詳細はこちら

特徴3第一線で活躍する講師による質の高い授業!

実際にドローンをインフラ点検や災害救助に活用する取り組みを行っている団体や、
GIS分野について広い知見をもつ企業などから講師を迎えるため、実務に役立つ知識が得られます。


市場の価値が上がっている今だからこそ、
産業ドローンの知識を学びませんか?

コース概要

GIS(地理情報)基礎コース1日間 税抜20,000円(座学)

GISとは(Geographic Information Systems)の略語です。
ドローンによって取得されたデータは、GISに取り込むことによって2Dや3DのGISデータとして変換され、活用範囲を広げることができます。分析やWEBサービスに応用することも可能になります。受講後に、独自の検定試験を実施するので、GISの知識が確実に身に付きます。
検定試験まで終えられた方には、弊社独自の修了証を贈呈致します。

GIS(地理情報)基礎コース


インフラ点検コース2日間 税抜100,000円(座学)

このコースは『インフラ点検』に焦点を当て、正確な現場地図を迅速に作成できる人材を育成していくことが大きな特徴です。
インフラ点検におけるドローンの活用例と、オープンドローンマップという利用者同士でデータを共有できるオープンツールの利用方法を学びます。

インフラ点検コース


災害救助コース2日間 税抜100,000円(座学)

このコースは『災害救助』に焦点を当て、正確な現場地図を迅速に作成できる人材を育成していくことが大きな特徴です。
災害救助におけるドローンの活用例と、オープンドローンマップという利用者同士でデータを共有できるオープンツールの利用方法を学びます。

災害救助コース


2級ドローン点検士コース/1級ドローン点検士コース

現在開催準備中です。
詳細をご希望の方はメールマガジンでお知らせしますのでご登録ください。